So-net無料ブログ作成
検索選択

裁判員裁判「積極対応を」=大林新検事総長が就任会見(時事通信)

 17日付で就任した大林宏新検事総長(63)は同日夜、東京・霞が関の最高検で記者会見し、「最重要課題は裁判員裁判。積極的な対応を進めたい」と抱負を語った。
 大林検事総長は裁判員裁判について、「否認事件や凶悪事件が多数控えている。まさに正念場」と指摘。「見方を変えれば、これからの時代を担う若い検察官の能力向上にいい時代だ」と述べた。
 特捜事件については「社会が不公平感を抱く事件をしっかりやってほしい」とした。検察審査会が2件の強制起訴を議決したことに対しては、「機関が違うので、コメントする立場にない」と述べた。
 思い出に残るのは、若手検事時代に、捜査段階の自白を公判で否認され、証人として出廷した事件。「被害者の方々に証人に出てもらうことがあるが、その大変さが分かった。証人に非常に負担を掛けているという意識は大事だ」と振り返った。 

【関連ニュース
〔特集〕裁判員制度 スタート1年
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘
裁判員裁判、強盗指示を認定=「単独犯」証言退ける

愛犬、すき間に頭挟まりSOS…消防署員が救出(読売新聞)
<口蹄疫>宮崎・延岡へ通じる林道2路線封鎖 大分県佐伯市(毎日新聞)
坂本副会長らを再任―日看協が通常総会(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌(毎日新聞)
菅内閣 平均年齢59歳、最年少は42歳 再任11人、安定重視(産経新聞)



建造物侵入 ウアルカイシ容疑者を釈放 警視庁(毎日新聞)

 東京都港区の中国大使館に侵入し建造物侵入容疑で現行犯逮捕された天安門事件の学生運動指導者、ウアルカイシ容疑者(42)が6日午後、釈放された。弁護人によると、今後は在宅で東京地検の捜査に応じるという。

 ウアルカイシ容疑者は89年の天安門事件後、中国当局から指名手配され、現在は台湾に亡命中。2日に来日し、3日に成田空港から中国に向かおうとして搭乗を拒否されたという。4日午後、中国大使館前で抗議活動をした際、正門前のパイプ柵(高さ約70センチ)を乗り越え敷地内に数メートル侵入し、警戒中の警察官に現行犯逮捕された。

 警視庁は6日午前、ウアルカイシ容疑者を同容疑で送検、午後3時半に留置先の東京湾岸署から釈放した。同容疑者は釈放直後に報道陣に対し、「自首という方法で帰国したいと在日中国大使館に伝えた。しかし回答は得られず、中国の領土(大使館)に侵入することを決意した」と説明。「たとえ牢屋(ろうや)の中ででも、帰国して21年間会っていない両親に会いたい」と訴えた。さらに、天安門事件の風化が進む中で、「国内外にいる民主活動家たちの心情を表したかった。中国では民主主義を求めるには対話が重要。今後もそれを求めていく」と話した。【村上尊一、工藤哲、隅俊之】

【関連ニュース
中国指名手配:ウアルカイシ容疑者を逮捕 警視庁
台湾:中国に「人権熟慮を」 天安門事件から21年で
中国:天安門事件から21年 評価変えず
中国:温家宝首相 胡耀邦氏への追悼文を寄稿 極めて異例
銀幕閑話:第255回 中国13億人のミューズ

最後の吉原芸者、みな子さん死去(時事通信)
自称NPO法人「あけぼのの会」代表自身も生活保護で転居 制度悪用か(産経新聞)
議論好き・菅氏、気さくな性格・樽床氏(読売新聞)
「政策に腹立って…」民主のポスターはがす 千葉(産経新聞)
シー・シェパード 元船長公判 6月10日で結審へ(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。