So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

「相撲の横綱じゃない」朝青龍問題で石原知事(産経新聞)

 大相撲の横綱朝青龍が初場所中に泥酔して男性に暴行したとされる問題で、東京都の石原慎太郎知事は29日の定例会見で、朝青龍を「あんなものは横綱じゃないよ、僕に言わせれば。日本の相撲の横綱じゃない」と声を荒らげて批判した。

 石原知事は、相撲が国技とされているのは勝ったときにガッツポーズや派手な動作をしないなど「完成され洗練された様式」のためだと指摘。朝青龍について「まったくそれから外れている」とし、「格闘技は強いかもしれないが、それを是とするなら、相撲はどんどん形骸(けいがい)化し様式の美しさがなくなって、文化じゃなくなっていくと思う」と述べた。

 一方、角界の改革を目指すとして、日本相撲協会理事選挙に立候補した貴乃花親方(元横綱)については、「非常にいちずで珍しく純粋なお相撲さんだ」と評価。「僕は支持しますね、頑張ってもらいたい」とエールを送った。

【関連記事】
朝青龍暴行に川端文科相「極めて残念」 相撲協会に報告求める
貴親方、厳しい情勢も信念貫き立候補 改革の意を強く
朝青龍問題、やく氏も“引退勧告”「絶対やってはいけないこと」
朝青龍暴行事件、地元住民からも怒りの声「もう来ないで」
朝青、逃げた!被害男性は謝罪要求「絶対許さねぇ」

暴力団幹部射殺事件、殺人容疑逮捕者39人に(読売新聞)
【アニマル写真館】アムールトラ 天王寺動物園(産経新聞)
阿久根市長「取材での庁舎内の撮影禁止」通達(読売新聞)
<小沢幹事長>「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文(毎日新聞)
<共産党>市田書記局長 民主・小沢幹事長を説明責任で批判(毎日新聞)



「引きずる感覚あった」=逮捕の男供述−北海道警(時事通信)

 北海道美唄市大富の無職朝倉清司さん(80)が車にひかれ、約24キロ離れた奈井江町の路上で遺体で見つかった事件で、自動車運転過失致死などの容疑で逮捕された左官業松本英樹容疑者(47)が、調べに「ゴンとぶつかった後、何かを引きずる感覚があった」と供述していることが26日、道警への取材で分かった。
 美唄署などによると、松本容疑者は25日に逮捕された際、「雪の塊にぶつかったと思った」と供述し容疑を否認。ひいたのが人かどうかの認識についてはあいまいな供述をしている。 

「オーシャンズ11」あこがれ、16歳窃盗団(読売新聞)
外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)
南極観測隊 同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
映画にあこがれて…駐輪場荒らし 容疑の16歳少年ら逮捕(産経新聞)
雑記帳 飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)



春の遍路シーズンの幕開けを告げる小豆島霊場開き(産経新聞)

 香川県の「小豆島八十八ケ所霊場」に春の遍路シーズンの幕開けを告げる「島開き法要」が21日、土庄町の小豆島霊場総本院で営まれた。

 小豆島の玄関口・土庄港では、この日に合わせて訪れた大勢のお遍路さんたちを、霊場各寺院の住職や宿泊施設、交通機関などの関係者らが鈴を鳴らすなどして出迎えた。

 兵庫県養父市の「但馬金剛弘徳会」をはじめ計約120人のお遍路さんは、出迎えの人たちと整列。この後、山伏を先頭に大師像を担ぎ、菊の花やのぼりを手にして総本院までの道約700メートルを練り歩いた。

 兵庫県朝来市の主婦、木村富美恵さん(60)は「初大師なので気が引き締まる。還暦の今年がいい年になるよう巡りたい」と話していた。

 小豆島の霊場は、弘仁6(815)年に空海により開かれたと伝わる。寺院や庵、堂、山岳霊場など変化に富んだ札所として知られており、年間約4万人が訪れている。

【関連記事】
四国お遍路、気軽に始めよう 100キロ完歩で認定証
小学生が「お接待」体験 香川・高松市
歩き遍路、温かく同行 ガイドグループ結成
岩肌に「夏至観音像」出現 香川・小豆島の自然現象
外国人が四国八十八カ所遍路を体験 香川

現場マンションに指紋 59歳男、近く再逮捕 南青山強殺容疑(産経新聞)
舛添氏、小沢氏が聴取受けるのは「当たり前」(産経新聞)
桜開花予想 都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に(毎日新聞)
小沢氏23日聴取へ、「4億円」説明求める(読売新聞)
小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)



首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院予算委員会で、野党時代に「秘書の責任は政治家の責任」と述べていたことについて、「秘書と政治家が同罪ということを言ったのではない」と釈明した。首相は自らの資金管理団体の偽装献金事件で元公設秘書が在宅起訴されたが、自身の過去の発言を修正した格好だ。一方、首相は「秘書が行ったことに関して政治家が何らかの罰、責任を感じるのは当然だ」とも述べた。公明党の井上義久幹事長の質問に答えた。

【関連記事】
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相
首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委
鳩山首相「違う事実が出ればバッジつける資格ない」 偽装献金問題
鳩山首相「日航社員は安住してはならない」

<神戸・女性不明>「中国籍の男が女性殺害示唆」遺棄容疑者(毎日新聞)
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査(時事通信)
<訃報>木原実さん93歳=元社会党衆院議員(毎日新聞)
<訃報>杉下雅章さん74歳=元新光証券会長(毎日新聞)
「田舎知事」連携だ!…9県がネットワーク(読売新聞)




-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。